サイトメニュー

対処法を見つけよう

男女

マリッジブルー症状の対処法

マリッジブルー症状の対処法は、まず自分を信じてあげましょう。パートナーと結婚を決めた時のことを思い出して「私の選択は大丈夫」と思うことが大切です。マリッジブルー症状が強く、拭えないほどの不安感を感じる場合はあなたの両親に相談してみるのも1つの対処法です。両親に限らず、身近に結婚経験のある人に相談してみるのもいいですよ。マリッジブルー症状は、不安感や焦燥感を感じている方も多く、うつっぽくなることもあります。軽い運動などを取り入れて、何も考えずに頭を空っぽにする時間を持つことも大切です。体を動かしたり好きなスポーツに没頭したりした後は、頭がスッキリしていることも多いです。体を動かすことが苦手な方は、気持ちの良い日に自然の多い公園や水辺の近くなどへ散歩にでかけてみてはいかがでしょうか。パートナーとコミュニケーションを図りながら歩いてみると、マリッジブルー症状の改善のきっかけにかるかもしれません。体調が万全じゃない場合も、マリッジブルー症状が出てくることがあります。夜更かしが多かったり、睡眠不足が続いていたりすればマイナスな思考になりやすくなります。生活習慣を見直して、規則正しい生活へとシフトしていきましょう。そうするとメンタルも安定してきますし、気持ちが前に向いてくる感覚が感じられるはずです。マリッジブルー症状はずっと続くものではないですし、一過性のものだという認識を持っておきましょう。

対処法を実践しても効果ない場合

もし、あなたがマリッジブルー症状への対処法を実践しても、現状が変わらない場合は他に原因があるのかもしれません。その原因が何なのかじっくり自分の気持ちと向き合う必要があります。もし結婚への焦りから「ちょっと引っかかるけどこれを逃したらチャンスがないかも」と考えてしまい、この結婚が正しい選択なのかわからなくなっている場合があります。パートナーに不信感を抱いたり、パートナーの家族とあなたの家族が仲良くなれないような状態や不信感を抱いている場合は、無理に結婚を決める必要はありません。「結婚を保留にする」という選択をした時、あなたの心が安堵したりホッとするのを感じるのであれば、自信の気持ちを優先しましょう。結婚後に後悔することになっては、白紙に戻すことはできません。かといってすぐに婚約破棄する必要もありません。少しずつ段階を踏んで気持ちがついてこれるように同棲から2人生活をスタートしてみる方法もあるので、結婚以外の選択肢も探していきましょう。

Copyright© 2019 男女関係なく起こるもの!結婚前のマリッジブルー症状ってなに? All Rights Reserved.