サイトメニュー

起こるタイミング

医者

マリッジブルーが起こるタイミング

マリッジブルー症状が起こるタイミングは、いくつかあります。起こるタイミングは人それぞれではありますが、プロポーズされた直後の早い段階で起こる人もいれば、結婚式の準備を始めてからという人もいます。プロポーズ後に感じるという人は、気合の入った彼のプロポーズに思わずYESと答えてしまったけど冷静になって「本当にこの人で良いのか不安……」と感いる方も少なくないようです。マリッジブルー症状がピークになる時期は、やはり結婚式の準備を始める時期が多く、「もう後戻りできない」「式の準備を任せっきりにされてイライラ」という意見が多く見られました。もしあなたがマリッジブルー症状真っ只中であれば、不安が不信感に変わる前に彼と話し合う時間を作りましょう。「結婚式の準備は1人だと大変だし不安」「式に使う予算はこれくらいで抑えよう」など、気になっていることは1人で抱え込まずちゃんと相手に伝えることも、夫婦になる上で大切です。

解消したきっかけ

マリッジブルー症状を体験した約8割の人がその後、解消していったというデータも出ています。マリッジブルーは一生続くものではない一過性の風邪のようなものだと思うと心も楽になります。実際にマリッジブルー症状が解消したという方は、パートナーとしっかり話し合ったり、第三者に話したりして不安がなくなったという方も多いです。パートナーにと話し合うことで「自分の気持ちを理解して協力してくれるようになった」「直してほしいところを指摘したら努力してくれた」など、解消のきっかけを掴んだ人もいました。第三者に相談することで、自分の視野でしか見ていなかったことも客観的な意見を知ることができてパートナーを見る目が変わったという方や、家族からの祝福を受けたりパートナーを褒められたりすることで不安がなくなったという人もいました。他にも時間が解決してくれたという意見も多かったので、深刻に受け止めないで「式も落ち着けば気持ちも落ち着くはず」と時が過ぎるのを待ってみるのもおすすめです。

理想が高すぎてなる場合も

マリッジブルー症状は、結婚への理想を高く抱きすぎて起こる場合があります。特に結婚願望が強く抱いている人ほど、マリッジブルーに陥りやすく、結婚に対する理想の結婚生活と現実のギャップで不安に感じる人も多いようです。一緒に生活する中で、お互いの生活リズムの違いや食の好みに違いが出てくると「私たち大丈夫なのかな」と思い悩む人もいます。朝はパン派かごはん派かで喧嘩になる人もいますし、金銭感覚の違いでマリッジブルーになる人も少なくないです。洗濯物の干し方やたたみ方1つとっても、育った家庭が違えば方法は変わってきます。この世に完璧な人間はいませんから、結婚に理想を求めすぎないでありのままのパートナーを受け止めていくようにしましょう。もし譲れないポイントがあったとしても、将来的に見て10年後や20年後先を見据えてもそのポイントは本当に譲れないものなのか考えてみると、お互い妥協するべきところが見えてきますよ。

Copyright© 2019 男女関係なく起こるもの!結婚前のマリッジブルー症状ってなに? All Rights Reserved.